スパム対策として書込み時にID/PWを要求されますが、ローマ字で ほげ/ホゲ で書き込めるようになります。

backspace

オプション
backspace
短縮形
bs
オプションの種類
文字列
初期値
""
有効範囲
Vim 全体に適用
互換性
Vi にはない
説明
バックスペースキーの動作を決定する。
効果
indentautoindent を超えてバックスペースを働かせる
eol改行を超えてバックスペースを働かせる (行を連結する)
start挿入区間の始めでバックスペースを働かせるが CTRL-W と CTRL-U は挿入区間の始めでいったん止まる

値が空のときは、Vi互換のバックスペーシングが使われる。 バージョン 5.4 またはそれ以前との互換性にはこう設定する:

効果
0""と同じ
1"indent,eol"と同じ
2"indent,eol,start"と同じ
	Influences the working of <BS>, <Del>, CTRL-W and CTRL-U in Insert
	mode.  This is a list of items, separated by commas.  Each item allows
	a way to backspace over something:
	value	effect	~
	indent	allow backspacing over autoindent
	eol	allow backspacing over line breaks (join lines)
	start	allow backspacing over the start of insert; CTRL-W and CTRL-U
		stop once at the start of insert.
	When the value is empty, Vi compatible backspacing is used.
	For backwards compatibility with version 5.4 and earlier:
	value	effect	~
	  0	same as ":set backspace=" (Vi compatible)
	  1	same as ":set backspace=indent,eol"
	  2	same as ":set backspace=indent,eol,start"
	See |:fixdel| if your <BS> or <Del> key does not do what you want.
	NOTE: This option is set to "" when 'compatible' is set.

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-10-14 (火) 01:13:16 (1288d)