スパム対策として書込み時にID/PWを要求されますが、ローマ字で ほげ/ホゲ で書き込めるようになります。

backupcopy

オプション
backupcopy
短縮形
bkc
オプションの種類
文字列
初期値
Viの既定値: "yes" 、それ以外: "auto"
有効範囲
Vim 全体に適用
互換性
Vi にはない
説明
バックアップファイルの作成方法を決定する。
オプション値動作
yes先にファイルのコピーを作ってバックアップにして、更新した内容は元のファイルに上書きする
no先に元のファイルをリネームしてバックアップにして、更新した内容は新しいファイルに書き出す
auto上の2つのどちらかで、適切な方を選ぶ

オプション値の説明

オプションメリットデメリット
yes編集したファイルが特別な属性を持っているとき (例えばファイルがハードリンクまたはシンボリックリンクだったり、リソースフォークを持っているとき)、全て元のまま保たれるファイルのコピーに余計な時間がかかる 編集したファイルがリンクのとき、バックアップファイルの名前がリンク先の文書ファイルの名前でなく、リンクファイルの名前になってしまう
no高速である時々、元のファイルの持つ属性を新しいファイルにコピーしきれないことがある 編集したファイルがリンクのとき、新しいファイルはリンクにならない
autoVimが副作用なしにリネームの方法が使えると判断したとき (属性がコピーでき、ファイルがリンクでないとき) は、そちらが使われる。それでは問題がありそうなときはコピーの方法が使われるVimが副作用なしにリネームの方法が使えると判断したとき (属性がコピーでき、ファイルがリンクでないとき) は、そちらが使われる。それでは問題がありそうなときはコピーの方法が使われる

"no" と "auto" では問題が起きる場合がある。プログラムによっては、ファイルを開き、Vimを呼び出してそのファイルを編集させ、(ファイル区別プログラムを使って) そのファイルが変更されたかどうかを調べるものがある。そうしたプログラムは新しく書き出されたファイルではなく、バックアップファイルの方を調べてしま う。例としては "crontab -e" が挙げられる。

	When writing a file and a backup is made, this option tells how it's
	done.  This is a comma separated list of words.
	The main values are:
	"yes"	make a copy of the file and overwrite the original one
	"no"	rename the file and write a new one
	"auto"	one of the previous, what works best
	Extra values that can be combined with the ones above are:
	"breaksymlink"	always break symlinks when writing
	"breakhardlink"	always break hardlinks when writing
	Making a copy and overwriting the original file:
	- Takes extra time to copy the file.
	+ When the file has special attributes, is a (hard/symbolic) link or
	  has a resource fork, all this is preserved.
	- When the file is a link the backup will have the name of the link,
	  not of the real file.
	Renaming the file and writing a new one:
	+ It's fast.
	- Sometimes not all attributes of the file can be copied to the new
	  file.
	- When the file is a link the new file will not be a link.
	The "auto" value is the middle way: When Vim sees that renaming file
	is possible without side effects (the attributes can be passed on and
	and the file is not a link) that is used.  When problems are expected,
	a copy will be made.
	The "breaksymlink" and "breakhardlink" values can be used in
	combination with any of "yes", "no" and "auto".  When included, they
	force Vim to always break either symbolic or hard links by doing
	exactly what the "no" option does, renaming the original file to
	become the backup and writing a new file in its place.  This can be
	useful for example in source trees where all the files are symbolic or
	hard links and any changes should stay in the local source tree, not
	be propagated back to the original source.
	One situation where "no" and "auto" will cause problems: A program
	that opens a file, invokes Vim to edit that file, and then tests if
	the open file was changed (through the file descriptor) will check the
	backup file instead of the newly created file.  "crontab -e" is an
	example.
	When a copy is made, the original file is truncated and then filled
	with the new text.  This means that protection bits, owner and
	symbolic links of the original file are unmodified.  The backup file
	however, is a new file, owned by the user who edited the file.  The
	group of the backup is set to the group of the original file.  If this
	fails, the protection bits for the group are made the same as for
	others.
	When the file is renamed this is the other way around: The backup has
	the same attributes of the original file, and the newly written file
	is owned by the current user.  When the file was a (hard/symbolic)
	link, the new file will not!  That's why the "auto" value doesn't
	rename when the file is a link.  The owner and group of the newly
	written file will be set to the same ones as the original file, but
	the system may refuse to do this.  In that case the "auto" value will
	again not rename the file.

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-10-14 (火) 01:13:16 (1402d)