スパム対策として書込み時にID/PWを要求されますが、ローマ字で ほげ/ホゲ で書き込めるようになります。

backupext

オプション
backupext
短縮形
bex
オプションの種類
文字列
初期値
"~", VMSでは: "_"
有効範囲
Vim 全体に適用
互換性
Vi にはない
説明
バックアップファイルの拡張子。 バックアップファイルの名前を作る際、元のファイル名の後ろに付け加える文字列。既定では普段使いそうもないものに定めてあるが、これは既存のファイルを バックアップファイルで上書きするのを避けるためである。".bak" を使いたいかもしれないが、".bak" で終わるファイルに重要なものがないか確かめること。
	String which is appended to a file name to make the name of the
	backup file.  The default is quite unusual, because this avoids
	accidentally overwriting existing files with a backup file.  You might
	prefer using ".bak", but make sure that you don't have files with
	".bak" that you want to keep.
	Only normal file name characters can be used, "/\*?[|<>" are illegal.
	If you like to keep a lot of backups, you could use a BufWritePre
	autocommand to change 'backupext' just before writing the file to
	include a timestamp.
:au BufWritePre * let &bex = '-' . strftime("%Y%b%d%X") . '~'
	Use 'backupdir' to put the backup in a different directory.

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-10-14 (火) 01:13:16 (1443d)