スパム対策として書込み時にID/PWを要求されますが、ローマ字で ほげ/ホゲ で書き込めるようになります。

bomb

オプション
bomb
オプションの種類
切替
初期値
オフ
有効範囲
バッファに対し適用
互換性
Vi にはない
説明
BOMの付加オプション。 ファイルを書き込むときに以下の条件が満たされれば、BOM (Byte Order Mark, バイト順マーク) がファイル先頭に付けられる:
  • このオプションがオンであること-オプション 'binary' がオフであること
  • オプション 'fileencoding' が "utf-8", "ucs-2", "ucs-4" であるか、それらとリトルエンディアンとビッグエンディアンの違いを除いて同一のエンコードであること
    			{only available when compiled with the |+multi_byte|
    			feature}
    	When writing a file and the following conditions are met, a BOM (Byte
    	Order Mark) is prepended to the file:
    	- this option is on
    	- the 'binary' option is off
    	- 'fileencoding' is "utf-8", "ucs-2", "ucs-4" or one of the little/big
    	  endian variants.
    	Some applications use the BOM to recognize the encoding of the file.
    	Often used for UCS-2 files on MS-Windows.  For other applications it
    	causes trouble, for example: "cat file1 file2" makes the BOM of file2
    	appear halfway the resulting file.
    	When Vim reads a file and 'fileencodings' starts with "ucs-bom", a
    	check for the presence of the BOM is done and 'bomb' set accordingly.
    	Unless 'binary' is set, it is removed from the first line, so that you
    	don't see it when editing.  When you don't change the options, the BOM
    	will be restored when writing the file.

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-10-14 (火) 01:13:16 (1350d)