スパム対策として書込み時にID/PWを要求されますが、ローマ字で ほげ/ホゲ で書き込めるようになります。

clipboard

オプション
clipboard
短縮形
cb
オプションの種類
文字列
初期値
X-windowsでは"autoselect,exclude:cons\|linux"それ以外は、””
有効範囲
Vim 全体に適用
互換性
Vi にはない
説明
クリップボードの動作設定。 このオプションには、コンマ区切りのキーワードのリストを指定する。認識されるのは、これらのキーワードである:
オプション値動作
unnamedこれが含まれると、コピー、削除、変更、ペーストなどの操作で、普通なら無名レジスタが使われるところで、全てクリップボードレジスタ "*" が使われるようになる。ただしレジスタ名を陽に指定すれば、オプション 'clipboard' に"unnamed" が含まれているかいないかに関わらず、指定されたレジスタが使われる。またクリップボードレジスタは、"*という記法を用いれば常にアクセスできる。
autoselectオプション 'guioptions' の 'a' フラグのように働く: これが含まれると、Visualモードが開始されるたび、またはVisual選択範囲が変更されるたびに、Vimはウィンドウシステムのグローバルなクリップボードのオーナーになろうとするか、選択されたテキストをクリップボード用レジスタ"*を使ってクリップボードにコピーしようとする。詳細については |guioptions_a| と |quotestar| を参照すること。GUI機能が有効のときはオプション 'guioptions' の 'a' フラグが使用され、無効のときはこの"autoselect" フラグが使用される。また、モードレスなセレクションにも適用される。
autoselectml"autoselect" と似ているが、モードレスセレクションのみに適用される。オプション 'guioptions' の 'A' フラグと比較してみること。
exclude:{pattern}ターミナルの名前 'term' にマッチするパターンを定義する。パターンがマッチすると、Xサーバとの通信がなされなくなる。このオプションは次のようなときに便利である。
- Vimをコンソールで使用しているとき。
- アプリケーションを別のディスプレイで使うため、環境変数 $DISPLAY が設定されているとき。
- コンソールでVimを使用している最中にXサーバが終了させられ、Vimをキルせざるを得ないかもしれないとき。
Xサーバと全く通信しないようにするには、次のようにする:
exclude:.*
これは引数 |X| を使用したのと同じ効果を持つ。Note 副作用として、ウィンドウのタイトルは復元されないので注意すること。オプション 'magic' の値は無視され、 {pattern} はオプション 'magic' がオンのように解釈される。残りのオプションの値は {pattern} に適用される。
			{only in GUI versions or when the |+xterm_clipboard|
			feature is included}
	This option is a list of comma separated names.
	These names are recognized:
	unnamed		When included, Vim will use the clipboard register '*'
			for all yank, delete, change and put operations which
			would normally go to the unnamed register.  When a
			register is explicitly specified, it will always be
			used regardless of whether "unnamed" is in 'clipboard'
			or not.  The clipboard register can always be
			explicitly accessed using the "* notation.  Also see
			|gui-clipboard|.
	autoselect	Works like the 'a' flag in 'guioptions': If present,
			then whenever Visual mode is started, or the Visual
			area extended, Vim tries to become the owner of the
			windowing system's global selection or put the
			selected text on the clipboard used by the selection
			register "*.  See |guioptions_a| and |quotestar| for
			details.  When the GUI is active, the 'a' flag in
			'guioptions' is used, when the GUI is not active, this
			"autoselect" flag is used.
			Also applies to the modeless selection.
	autoselectml	Like "autoselect", but for the modeless selection
			only.  Compare to the 'A' flag in 'guioptions'.
	exclude:{pattern}
			Defines a pattern that is matched against the name of
			the terminal 'term'.  If there is a match, no
			connection will be made to the X server.  This is
			useful in this situation:
			- Running Vim in a console.
			- $DISPLAY is set to start applications on another
			  display.
			- You do not want to connect to the X server in the
			  console, but do want this in a terminal emulator.
			To never connect to the X server use:
exclude:.*
			This has the same effect as using the |-X| argument.
			Note that when there is no connection to the X server
			the window title won't be restored and the clipboard
			cannot be accessed.
			The value of 'magic' is ignored, {pattern} is
			interpreted as if 'magic' was on.
			The rest of the option value will be used for
			{pattern}, this must be the last entry.

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-10-14 (火) 01:13:16 (1405d)