スパム対策として書込み時にID/PWを要求されますが、ローマ字で ほげ/ホゲ で書き込めるようになります。

confirm

オプション
confirm
短縮形
cf
オプションの種類
切替
初期値
オフ
有効範囲
Vim 全体に適用
互換性
Vi にはない
説明
ファイルを保存していない場合に、ファイルの保存を確認するダイアログを出すオプション。 オプション 'confirm' がオンならば、バッファへの変更を保存していないと実行に失敗する操作 (つまり ":q" と ":e") の際、ダイアログ |dialog| を開いてファイルを保存するかどうか尋ねる。これがオンになっていても、意図的に変更を廃棄したいなら ! を使える。オプション 'confirm' がオフでも、|:confirm| コマンドで個別に確認を求めることができる (これはキーマッピングでとても便利である)。関数 |confirm()| とオプション 'guioptions' の 'v' フラグも参照すること。
	When 'confirm' is on, certain operations that would normally
	fail because of unsaved changes to a buffer, e.g. ":q" and ":e",
	instead raise a |dialog| asking if you wish to save the current
	file(s).  You can still use a ! to unconditionally |abandon| a buffer.
	If 'confirm' is off you can still activate confirmation for one
	command only (this is most useful in mappings) with the |:confirm|
	command.
	Also see the |confirm()| function and the 'v' flag in 'guioptions'.

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-10-14 (火) 01:13:16 (1350d)