スパム対策として書込み時にID/PWを要求されますが、ローマ字で ほげ/ホゲ で書き込めるようになります。

define

オプション
define
短縮形
def
オプションの種類
文字列
初期値
"^\s*#\s*define"
有効範囲
Vim 全体に適用 or バッファに対し適用 |global-local|
互換性
Vi にはない
説明
マクロ定義を発見するのに使われるパターンを指定する。 値はコマンド "/" で使うのと同様の検索パターンである。このオプションはコマンド "[i" やコマンド "[d" など |include-search| に使われる。オプション 'isident' はマッチした部分の後の定義された名前を認識するのに使われる:
	Pattern to be used to find a macro definition.  It is a search
	pattern, just like for the "/" command.  This option is used for the
	commands like "[i" and "[d" |include-search|.  The 'isident' option is
	used to recognize the defined name after the match:
		{match with 'define'}{non-ID chars}{defined name}{non-ID char}
	See |option-backslash| about inserting backslashes to include a space
	or backslash.
	The default value is for C programs.  For C++ this value would be
	useful, to include const type declarations:
^\(#\s*define\|[a-z]*\s*const\s*[a-z]*\)
	When using the ":set" command, you need to double the backslashes!

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-10-14 (火) 01:13:16 (1288d)