スパム対策として書込み時にID/PWを要求されますが、ローマ字で ほげ/ホゲ で書き込めるようになります。

equalalways

オプション
equalalways
短縮形
ea
オプションの種類
切替
初期値
オン
有効範囲
Vim 全体に適用
互換性
Vi にはない
説明
全てのウィンドウのサイズを同じにする。 オンのとき、ウィンドウを分割したり閉じたりした後、全てのウィンドウが自動的に同じサイズになる。オフのときは、ウィンドウを分割するとカレントウィン ドウのサイズだけが減り、他のウィンドウに変化はない。ウィンドウを閉じると、(オプション 'splitbelow''splitright' の値に従って) 閉じたウィンドウの隣のウィンドウの行数が増す。水平に分割されたウィンドウと垂直に分割されたウィンドウが混ざっているときは、サイズの最小値が計算さ れ、いくつかのウィンドウは (余裕があれば)大きくなる。オプション 'eadirection' はサイズの変化する方向を指定する。
	When on, all the windows are automatically made the same size after
	splitting or closing a window.  This also happens the moment the
	option is switched on.  When off, splitting a window will reduce the
	size of the current window and leave the other windows the same.  When
	closing a window the extra lines are given to the window next to it
	(depending on 'splitbelow' and 'splitright').
	When mixing vertically and horizontally split windows, a minimal size
	is computed and some windows may be larger if there is room.  The
	'eadirection' option tells in which direction the size is affected.
	Changing the height of a window can be avoided by setting
	'winfixheight'.

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-10-14 (火) 01:13:16 (1443d)