スパム対策として書込み時にID/PWを要求されますが、ローマ字で ほげ/ホゲ で書き込めるようになります。

fileformat

オプション
fileformat
短縮形
ff
オプションの種類
文字列
初期値
MS-DOS, MS-Windows, OS/2 での既定値: "dos", UNIXでは、”unix”, Macintoshは、”mac”
有効範囲
バッファに対し適用
互換性
Vi にはない
説明
改行コードの指定。 バッファにファイルを読み込んだり、バッファからファイルに書き込んだりするときに使われる <EOL> を、カレントバッファについて設定する。
オプション値動作
dos<CR><NL>
unix<NL>
mac<CR>
	This gives the <EOL> of the current buffer, which is used for
	reading/writing the buffer from/to a file:
	    dos	    <CR> <NL>
	    unix    <NL>
	    mac	    <CR>
	When "dos" is used, CTRL-Z at the end of a file is ignored.
	See |file-formats| and |file-read|.
	For the character encoding of the file see 'fileencoding'.
	When 'binary' is set, the value of 'fileformat' is ignored, file I/O
	works like it was set to "unix'.
	This option is set automatically when starting to edit a file and
	'fileformats' is not empty and 'binary' is off.
	When this option is set, after starting to edit a file, the 'modified'
	option is set, because the file would be different when written.
	This option can not be changed when 'modifiable' is off.
	For backwards compatibility: When this option is set to "dos",
	'textmode' is set, otherwise 'textmode' is reset.

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-10-14 (火) 01:13:16 (1350d)