スパム対策として書込み時にID/PWを要求されますが、ローマ字で ほげ/ホゲ で書き込めるようになります。

formatoptions

オプション
formatoptions
短縮形
fo
オプションの種類
文字列
初期値
Vim : "tcq", Vi : "vt"
有効範囲
バッファに対し適用
互換性
Vi にはない
説明
Vimがテキストを整形する方法を決定するオプションのリスト。
オプション値動作
ttextwidthを使ってテキストを自動折返しする。
c現在のコメント指示を挿入して、textwidthを使ってコメントを自動折返しする。
r挿入モードで<return>を打った後に、現在のコメント指示を自動的に挿入する。
oノーマルモードで'o'、'O'を打った後に、現在のコメント指示を自動的に挿入する。
q"gq"によるコメントの整形を可能にする。
2テキストの整形処理時、段落の最初の行ではなく2番目の行のインデントをそれ以降の行に対して使う。
v挿入モードでVi互換の自動折返しを使う 現在の挿入モードで入力された空白でのみ折返しが行われる。
b'v'と同じ、ただし空白の入力か折返しマージンの前でのみ自動折返しをする。
l挿入モードでは長い行は折り返されない。
	This is a sequence of letters which describes how automatic
	formatting is to be done.  See |fo-table|.  When the 'paste' option is
	on, no formatting is done (like 'formatoptions' is empty).  Commas can
	be inserted for readability.
	To avoid problems with flags that are added in the future, use the
	"+=" and "-=" feature of ":set" |add-option-flags|.
	NOTE: This option is set to the Vi default value when 'compatible' is
	set and to the Vim default value when 'compatible' is reset.

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-10-14 (火) 01:13:16 (1350d)