スパム対策として書込み時にID/PWを要求されますが、ローマ字で ほげ/ホゲ で書き込めるようになります。

imactivatekey

オプション
imactivatekey
短縮形
imak
オプションの種類
文字列
初期値
""
有効範囲
Vim 全体に適用
互換性
Vi にはない
説明
Input Method(canna,tamago,xatok,etc...)を有効にするキー操作
オプション値動作
Sシフトキー
Lロックキー
Cコントロールキー
1Mod1キー
2Mod2キー
3Mod3キー
4Mod4キー
5Mod5キー

set imactivatekey=SC-space で、Shift+Ctrl+spaceで日本語入力になる。

			{only available when compiled with |+xim| and
			|+GUI_GTK|}
	Specifies the key that your Input Method in X-Windows uses for
	activation.  When this is specified correctly, vim can fully control
	IM with 'imcmdline', 'iminsert' and 'imsearch'.
	You can't use this option to change the activation key, the option
	tells Vim what the key is.
	Format:
		[MODIFIER_FLAG-]KEY_STRING
	These characters can be used for MODIFIER_FLAG (case is ignored):
		S	    Shift key
		L	    Lock key
		C	    Control key
		1	    Mod1 key
		2	    Mod2 key
		3	    Mod3 key
		4	    Mod4 key
		5	    Mod5 key
	Combinations are allowed, for example "S-C-space" or "SC-space" are
	both shift+ctrl+space.
	See <X11/keysymdef.h> and XStringToKeysym for KEY_STRING.
	Example:
:set imactivatekey=S-space
	"S-space" means shift+space.  This is the activation key for kinput2 +
	canna (Japanese), and ami (Korean).

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-10-14 (火) 01:13:16 (1405d)