スパム対策として書込み時にID/PWを要求されますが、ローマ字で ほげ/ホゲ で書き込めるようになります。

isident

初期値
MS-DOS, Win32 and OS/2:"@,48-57,_,128-167,224-235"、それ以外は、"@,48-57,_,192-255"

識別子として使用できる文字を設定する。 フォーマットは、isfnameと同じ。

オプション
isident
短縮形
isi
オプションの種類
文字列
初期値
(default for MS-DOS, Win32 and OS/2:
					   "@,48-57,_,128-167,224-235"
				otherwise: "@,48-57,_,192-255")
有効範囲
Vim 全体に適用
互換性
Vi にはない
	The characters given by this option are included in identifiers.
	Identifiers are used in recognizing environment variables and after a
	match of the 'define' option.  It is also used for "\i" in a
	|pattern|.  See 'isfname' for a description of the format of this
	option.
	Careful: If you change this option, it might break expanding
	environment variables.  E.g., when '/' is included and Vim tries to
	expand "$HOME/.viminfo".  Maybe you should change 'iskeyword' instead.

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-10-14 (火) 01:13:16 (1286d)