スパム対策として書込み時にID/PWを要求されますが、ローマ字で ほげ/ホゲ で書き込めるようになります。

iskeyword

初期値
MS-DOS and Win32:"@,48-57,_,128-167,224-235"、それ以外は、"@,48-57,_,192-255" Viでは"@,48-57,_"

単語に含まれる文字を設定する。 wコマンドなどで、ジャンプする単語を指定できる。 たとえば、

set iskeyword+=-

とすると、"-"も単語として扱われるため、aaa-bbbのような文字で"w"を押下すると、bbbの後ろの単語にジャンプする。

オプション
iskeyword
短縮形
isk
オプションの種類
文字列
初期値
(Vim default for MS-DOS and Win32:
					    "@,48-57,_,128-167,224-235"
				   otherwise:  "@,48-57,_,192-255"
				Vi default: "@,48-57,_")
有効範囲
バッファに対し適用
互換性
Vi にはない
	Keywords are used in searching and recognizing with many commands:
	"w", "*", "[i", etc.  It is also used for "\k" in a |pattern|.  See
	'isfname' for a description of the format of this option.  For C
	programs you could use "a-z,A-Z,48-57,_,.,-,>".
	For a help file it is set to all non-blank printable characters except
	'*', '"' and '|' (so that CTRL-] on a command finds the help for that
	command).
	When the 'lisp' option is on the '-' character is always included.
	NOTE: This option is set to the Vi default value when 'compatible' is
	set and to the Vim default value when 'compatible' is reset.

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-10-14 (火) 01:13:16 (1402d)