スパム対策として書込み時にID/PWを要求されますが、ローマ字で ほげ/ホゲ で書き込めるようになります。

langmenu

オプション
langmenu
短縮形
lm
オプションの種類
文字列
初期値
""
有効範囲
Vim 全体に適用
互換性
Vi にはない
説明
メニュー翻訳のために使用する言語を設定する。 「runtimepath」の中の「lang」ディレクトリーからどのファイルがロードされるか伝える。

例:

set lm=de.latin1
とすると、$VIMRUNTIME/lang/menu_de.latin1.vim が読み込まれるようになる。
			{only available when compiled with the |+menu| and
			|+multi_lang| features}
	Language to use for menu translation.  Tells which file is loaded
	from the "lang" directory in 'runtimepath':
"lang/menu_" . &langmenu . ".vim"
	(without the spaces).  For example, to always use the Dutch menus, no
	matter what $LANG is set to:
:set langmenu=nl_NL.ISO_8859-1
	When 'langmenu' is empty, |v:lang| is used.
	Only normal file name characters can be used, "/\*?[|<>" are illegal.
	If your $LANG is set to a non-English language but you do want to use
	the English menus:
:set langmenu=none
	This option must be set before loading menus, switching on filetype
	detection or syntax highlighting.  Once the menus are defined setting
	this option has no effect.  But you could do this:
:source $VIMRUNTIME/delmenu.vim
:set langmenu=de_DE.ISO_8859-1
:source $VIMRUNTIME/menu.vim
	Warning: This deletes all menus that you defined yourself!

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-10-14 (火) 01:13:16 (1371d)