スパム対策として書込み時にID/PWを要求されますが、ローマ字で ほげ/ホゲ で書き込めるようになります。

linebreak

オプション
linebreak
短縮形
lbr
オプションの種類
切替
初期値
オフ
有効範囲
ウィンドウに対し適用
互換性
Vi にはない
説明
入力した行が長い場合に自動的に改行をする。 textwidthで指定した横幅で動作する。
			{not available when compiled without the  |+linebreak|
			feature}
	If on Vim will wrap long lines at a character in 'breakat' rather
	than at the last character that fits on the screen.  Unlike
	'wrapmargin' and 'textwidth', this does not insert <EOL>s in the file,
	it only affects the way the file is displayed, not its contents.  The
	value of 'showbreak' is used to put in front of wrapped lines.
	This option is not used when the 'wrap' option is off or 'list' is on.
	Note that <Tab> characters after an <EOL> are mostly not displayed
	with the right amount of white space.

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-10-14 (火) 01:13:16 (1464d)