スパム対策として書込み時にID/PWを要求されますが、ローマ字で ほげ/ホゲ で書き込めるようになります。

matchpairs

オプション
matchpairs
短縮形
mps
オプションの種類
文字列
初期値
"(:),{:},[:]"
有効範囲
バッファに対し適用
互換性
Vi にはない
説明
%で一致する文字を指定する。
set matchpairs+=<:>
とすれば、htmlのタグ<xxx>を%で表示できるようになる。
	Characters that form pairs.  The |%| command jumps from one to the
	other.  Currently only single character pairs are allowed, and they
	must be different.  The characters must be separated by a colon.  The
	pairs must be separated by a comma.  Example for including '<' and '>'
	(HTML):
:set mps+=<:>
	A more exotic example, to jump between the '=' and ';' in an
	assignment, useful for languages like C and Java:
:au FileType c,cpp,java set mps+==:;
	For a more advanced way of using "%", see the matchit.vim plugin in
	the $VIMRUNTIME/macros directory. |add-local-help|

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-10-14 (火) 01:13:16 (1371d)