スパム対策として書込み時にID/PWを要求されますが、ローマ字で ほげ/ホゲ で書き込めるようになります。

modified

オプション
modified
短縮形
mod
オプションの種類
切替
初期値
オフ
有効範囲
バッファに対し適用
互換性
Vi にはない
説明
バッファが変更されるとセットされる。 自分で設定するものではない。
	When on, the buffer is considered to be modified.  This option is set
	when:
	1. A change was made to the text since it was last written.  Using the
	   |undo| command to go back to the original text will reset the
	   option.  But undoing changes that were made before writing the
	   buffer will set the option again, since the text is different from
	   when it was written.
	2. 'fileformat' or 'fileencoding' is different from its original
	   value.  The original value is set when the buffer is read or
	   written.  A ":set nomodified" command also resets the original
	   values to the current values and the 'modified' option will be
	   reset.
	When 'buftype' is "nowrite" or "nofile" this option may be set, but
	will be ignored.

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-10-14 (火) 01:13:16 (1466d)