スパム対策として書込み時にID/PWを要求されますが、ローマ字で ほげ/ホゲ で書き込めるようになります。

mouse

オプション
mouse
オプションの種類
文字列
初期値
"", GUI MS-DOS and Win32 なら"a"
有効範囲
Vim 全体に適用
互換性
Vi にはない マウスを有効にするモードを設定する。
オプション値動作
nノーマルモード
vビジュアルモード
i挿入モード
cコマンドライン
h上の全てのモード(マウスをクリックしてもカーソルは動かない)
a上の全てのモード(マウスをクリックするとカーソルが動く)
rhit-enter や more-prompt プロンプト
	Enable the use of the mouse.  Only works for certain terminals
	(xterm, MS-DOS, Win32 |win32-mouse|, QNX pterm, and Linux console
	with gpm).  For using the mouse in the GUI, see |gui-mouse|.
	The mouse can be enabled for different modes:
		n	Normal mode
		v	Visual mode
		i	Insert mode
		c	Command-line mode
		h	all previous modes when editing a help file
		a	all previous modes
		r	for |hit-enter| and |more-prompt| prompt
	Normally you would enable the mouse in all four modes with:
:set mouse=a
	When the mouse is not enabled, the GUI will still use the mouse for
	modeless selection.  This doesn't move the text cursor.
	See |mouse-using|.  Also see |'clipboard'|.
	Note: When enabling the mouse in a terminal, copy/paste will use the
	"* register if there is access to an X-server.  The xterm handling of
	the mouse buttons can still be used by keeping the shift key pressed.
	Also see the 'clipboard' option.

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-10-14 (火) 01:13:16 (1464d)