スパム対策として書込み時にID/PWを要求されますが、ローマ字で ほげ/ホゲ で書き込めるようになります。

secure

オプション
secure
オプションの種類
切替
初期値
オフ
有効範囲
Vim 全体に適用
互換性
Vi にはない
説明
Vimを安全に使う オンのとき、コマンド ":autocmd" やシェルコマンド、書き込みコマンドがカレントディレクトリ内のファイル ".vimrc" や ".exrc" では使用できなくなり、マッピングコマンドも表示されるようになる。問題が起きることはないと分かっているときか、オプション 'exrc' がオフのときにのみこのオプションをオフにすること。
	When on, ":autocmd", shell and write commands are not allowed in
	".vimrc" and ".exrc" in the current directory and map commands are
	displayed.  Switch it off only if you know that you will not run into
	problems, or when the 'exrc' option is off.  On Unix this option is
	only used if the ".vimrc" or ".exrc" is not owned by you.  This can be
	dangerous if the systems allows users to do a "chown".  You better set
	'secure' at the end of your ~/.vimrc then.
	This option cannot be set from a |modeline| or in the |sandbox|, for
	security reasons.

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-10-14 (火) 01:13:16 (1466d)