スパム対策として書込み時にID/PWを要求されますが、ローマ字で ほげ/ホゲ で書き込めるようになります。

selection

オプション
selection
短縮形
sel
オプションの種類
文字列
初期値
"inclusive"
有効範囲
Vim 全体に適用
互換性
Vi にはない
説明
選択時の動作を設定する。 設定可能な値は以下の通り。
行末の後末尾に操作
oldXO
inclusiveOO
exclusiveOX
「行末の後」というのは、カーソルを行末より1文字後ろに置けることを表す。 「末尾に操作」というのは、選択領域の末尾の文字が操作を受けることを表す。 例えば、選択領域の削除に "x" が使われたときなどに違いが出る。v$xとするとexclusiveの場合は改行を削除しないが、inclusiveは削除する。
	This option defines the behavior of the selection.  It is only used
	in Visual and Select mode.
	Possible values:
	   value	past line     inclusive ~
	   old		   no		yes
	   inclusive	   yes		yes
	   exclusive	   yes		no
	"past line" means that the cursor is allowed to be positioned one
	character past the line.
	"inclusive" means that the last character of the selection is included
	in an operation.  For example, when "x" is used to delete the
	selection.
	Note that when "exclusive" is used and selecting from the end
	backwards, you cannot include the last character of a line, when
	starting in Normal mode and 'virtualedit' empty.
	The 'selection' option is set by the |:behave| command.

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-10-14 (火) 01:13:16 (1346d)