スパム対策として書込み時にID/PWを要求されますが、ローマ字で ほげ/ホゲ で書き込めるようになります。

sessionoptions

オプション
sessionoptions
短縮形
ssop
オプションの種類
文字列
初期値
"blank,buffers,curdir,folds,help,options,winsize"
有効範囲
Vim 全体に適用
互換性
Vi にはない
説明
コマンド |:mksession| の効果の設定 コマンド |:mksession| の効果を変更する。値はキーワードのコンマ区切りのリストである。キーワードは、ある項目の保存と復元を有効にする。
キーワード復元される項目
blank空のウィンドウ
buffersウィンドウに表示されたバッファだけでなく、隠れバッファと、リストに載っているだけで読み込まれていないバッファ
curdirカレントディレクトリ
folds手動で作られた折り畳み、折り畳みの開閉の区別、折り畳み関連のローカルなオプション
globals大文字で始まり、最低1個の小文字を含む名前のグローバル変数
helpヘルプウィンドウ
localoptionsウィンドウまたはバッファに対してローカルなオプションとマッピング (ローカルなオプションのグローバルな値ではない)
options全てのオプションとマッピング (ローカルなオプションのグローバルな値も)
resizeVimのウィンドウのサイズ: 'lines''columns' の値
sesdirセッションファイルがおかれているディレクトリが、カレントディレクトリになる (ネットワーク越しに、異なったシステムからアクセスを受けるプロジェクトでは便利である)
slashファイル名内の '\' がスラッシュに置換される
unixWindowsやDOS上でも、Unix形式の end-of-line (1個の<nl>) を使う
winposVimのウィンドウ全体の位置
winsizeウィンドウサイズ
			{not available when compiled without the +mksession
			feature}
	Changes the effect of the |:mksession| command.  It is a comma
	separated list of words.  Each word enables saving and restoring
	something:
	   word		save and restore ~
	   blank	empty windows
	   buffers	hidden and unloaded buffers, not just those in windows
	   curdir	the current directory
	   folds	manually created folds, opened/closed folds and local
			fold options
	   globals	global variables that start with an uppercase letter
			and contain at least one lowercase letter.  Only
			String and Number types are stored.
	   help		the help window
	   localoptions	options and mappings local to a window or buffer (not
			global values for local options)
	   options	all options and mappings (also global values for local
			options)
	   resize	size of the Vim window: 'lines' and 'columns'
	   sesdir	the directory in which the session file is located
			will become the current directory (useful with
			projects accessed over a network from different
			systems)
	   slash	backslashes in file names replaced with forward
			slashes
	   unix		with Unix end-of-line format (single <NL>), even when
			on Windows or DOS
	   winpos	position of the whole Vim window
	   winsize	window sizes
	Don't include both "curdir" and "sesdir".
	There is no option to include tab pages yet, only the current tab page
	is stored in the session. |tab-page|
	When "curdir" nor "sesdir" is included, file names are stored with
	absolute paths.
	"slash" and "unix" are useful on Windows when sharing session files
	with Unix.  The Unix version of Vim cannot source dos format scripts,
	but the Windows version of Vim can source unix format scripts.

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-10-14 (火) 01:13:16 (1464d)