スパム対策として書込み時にID/PWを要求されますが、ローマ字で ほげ/ホゲ で書き込めるようになります。

shortmess

オプション
shortmess
短縮形
shm
オプションの種類
文字列
初期値
Vim "filnxtToO", Vi : "" POSIX default: "A"
有効範囲
Vim 全体に適用
互換性
Vi にはない
説明
CTRL-G 等によるファイル関連のメッセージのフォーマット。
フラグ効果
f"(file 3 of 5)" の代わりに "(3 of 5)" を表示。
i"[最終行が不完全]" の代わりに "[noeol]" を表示。
l"999 行, 888 文字" の代わりに "999L, 888C" を表示。
m"[変更あり]" の代わりに "[+]" を表示。
n"[新ファイル]" の代わりに "[新]" を表示。
r"[読込専用]" の代わりに "[読専]" を表示。
w書き込みコマンドには "書込み" の代わりに "[w]" を、コマンド ':w >> file' には "追加" の代わりに "[a]" を表示。
x"[dosフォーマット]" の代わりに "[dos]", "[unixフォーマット]"の代わりに "[unix]", "[マックフォーマット]" の代わりに"[マック]" を表示。
a上記の省略を全て行う。
oファイルの書き込み時のメッセージを、その後のファイルの読み込み時のメッセージで上書きする (":wn" を使うときやオプション'autowrite' がオンのときに便利である)
Oファイルの読み込み時のメッセージや Quickfix 関係のメッセージ(例えば ":cn") がその前のメッセージを必ず上書きする。
s「下まで検索したので上に戻ります」と「上まで検索したので下に戻ります」というメッセージを表示しない。
tファイル間連のメッセージが長すぎてコマンドラインに収まらないときは、先頭を切り詰める。先頭には "<" が表示される。Exモードでは無視される。
Tその他ののメッセージが長すぎてコマンドラインに収まらないときは、中央を切り詰める。中央には "..." が表示される。Exモードでは無視される。
Wファイルの書き込み時に "書込み" や "[w]" を表示しない。
Aスワップファイルがすでにあることが発見されたときに「注意」メッセージを表示しない。
IVimの開始時に挨拶メッセージを表示しない |:intro|。
	This option helps to avoid all the |hit-enter| prompts caused by file
	messages, for example  with CTRL-G, and to avoid some other messages.
	It is a list of flags:
	 flag	meaning when present	~
	  f	use "(3 of 5)" instead of "(file 3 of 5)"
	  i	use "[noeol]" instead of "[Incomplete last line]"
	  l	use "999L, 888C" instead of "999 lines, 888 characters"
	  m	use "[+]" instead of "[Modified]"
	  n	use "[New]" instead of "[New File]"
	  r	use "[RO]" instead of "[readonly]"
	  w	use "[w]" instead of "written" for file write message
		and "[a]" instead of "appended" for ':w >> file' command
	  x	use "[dos]" instead of "[dos format]", "[unix]" instead of
		"[unix format]" and "[mac]" instead of "[mac format]".
	  a	all of the above abbreviations
	  o	overwrite message for writing a file with subsequent message
		for reading a file (useful for ":wn" or when 'autowrite' on)
	  O	message for reading a file overwrites any previous message.
		Also for quickfix message (e.g., ":cn").
	  s	don't give "search hit BOTTOM, continuing at TOP" or "search
		hit TOP, continuing at BOTTOM" messages
	  t	truncate file message at the start if it is too long to fit
		on the command-line, "<" will appear in the left most column.
		Ignored in Ex mode.
	  T	truncate other messages in the middle if they are too long to
		fit on the command line.  "..." will appear in the middle.
		Ignored in Ex mode.
	  W	don't give "written" or "[w]" when writing a file
	  A	don't give the "ATTENTION" message when an existing swap file
		is found.
	  I	don't give the intro message when starting Vim |:intro|.
	This gives you the opportunity to avoid that a change between buffers
	requires you to hit <Enter>, but still gives as useful a message as
	possible for the space available.  To get the whole message that you
	would have got with 'shm' empty, use ":file!"
	Useful values:
	    shm=	No abbreviation of message.
	    shm=a	Abbreviation, but no loss of information.
	    shm=at	Abbreviation, and truncate message when necessary.
	NOTE: This option is set to the Vi default value when 'compatible' is
	set and to the Vim default value when 'compatible' is reset.

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-12-08 (火) 23:52:07 (1022d)