スパム対策として書込み時にID/PWを要求されますが、ローマ字で ほげ/ホゲ で書き込めるようになります。

showmatch

オプション
showmatch
短縮形
sm
オプションの種類
切替
初期値
オフ
有効範囲
Vim 全体に適用
説明
閉じ括弧が入力されたとき、対応する括弧を表示する。 マッチした括弧が画面上に見えているときのみジャンプする。マッチを表示する時間はオプション 'matchtime' で設定できる。 'cpoptions' にフラグ 'm' が含まれていないときは、ジャンプ中に文字を入力するとカーソルがすぐに元の場所に戻る。マッチの表示時のカーソルの形状や点滅方法については、'guicursor' の"sm" の項目を参照。
	When a bracket is inserted, briefly jump to the matching one.  The
	jump is only done if the match can be seen on the screen.  The time to
	show the match can be set with 'matchtime'.
	A Beep is given if there is no match (no matter if the match can be
	seen or not).  This option is reset when the 'paste' option is set.
	When the 'm' flag is not included in 'cpoptions', typing a character
	will immediately move the cursor back to where it belongs.
	See the "sm" field in 'guicursor' for setting the cursor shape and
	blinking when showing the match.
	The 'matchpairs' option can be used to specify the characters to show
	matches for.  'rightleft' and 'revins' are used to look for opposite
	matches.
	Also see the matchparen plugin for highlighting the match when moving
	around |pi_paren.txt|.
	Note: Use of the short form is rated PG.

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-10-14 (火) 01:13:16 (1350d)