スパム対策として書込み時にID/PWを要求されますが、ローマ字で ほげ/ホゲ で書き込めるようになります。

swapfile

オプション
swapfile
短縮形
swf
オプションの種類
切替
初期値
オン
有効範囲
バッファに対し適用
互換性
Vi にはない
説明
スワップファイルを使用する設定。 このオプションは、特定のバッファでスワップファイルを使いたくないときにはオフに設定できる。
	Use a swapfile for the buffer.  This option can be reset when a
	swapfile is not wanted for a specific buffer.  For example, with
	confidential information that even root must not be able to access.
	Careful: All text will be in memory:
		- Don't use this for big files.
		- Recovery will be impossible!
	A swapfile will only be present when |'updatecount'| is non-zero and
	'swapfile' is set.
	When 'swapfile' is reset, the swap file for the current buffer is
	immediately deleted.  When 'swapfile' is set, and 'updatecount' is
	non-zero, a swap file is immediately created.
	Also see |swap-file| and |'swapsync'|.
	This option is used together with 'bufhidden' and 'buftype' to
	specify special kinds of buffers.   See |special-buffers|.

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-10-14 (火) 01:13:16 (1403d)