スパム対策として書込み時にID/PWを要求されますが、ローマ字で ほげ/ホゲ で書き込めるようになります。

swapsync

オプション
swapsync
短縮形
sws
オプションの種類
文字列
初期値
"fsync"
有効範囲
Vim 全体に適用
互換性
Vi にはない
説明
書き込みの後にディスク上のスワップファイルの内容を同調する設定。 値が空のときは、スワップファイルの一部はメモリ内のままで、ディスクに書き込まれないかもしれない。システムがクラッシュすると、仕事の成果が余計ひどく失われるかもしれない。
	When this option is not empty a swap file is synced to disk after
	writing to it.  This takes some time, especially on busy unix systems.
	When this option is empty parts of the swap file may be in memory and
	not written to disk.  When the system crashes you may lose more work.
	On Unix the system does a sync now and then without Vim asking for it,
	so the disadvantage of setting this option off is small.  On some
	systems the swap file will not be written at all.  For a unix system
	setting it to "sync" will use the sync() call instead of the default
	fsync(), which may work better on some systems.
	The 'fsync' option is used for the actual file.

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-10-14 (火) 01:13:16 (1443d)