スパム対策として書込み時にID/PWを要求されますが、ローマ字で ほげ/ホゲ で書き込めるようになります。

updatecount

オプション
updatecount
短縮形
uc
オプションの種類
数値
初期値
200
有効範囲
Vim 全体に適用
互換性
Vi にはない
説明
スワップファイルの自動保存設定。 この回数だけ文字を打ち込むと、スワップファイルがディスクに書き込まれる。 0 にすると、スワップファイルは全く作られない
	After typing this many characters the swap file will be written to
	disk.  When zero, no swap file will be created at all (see chapter on
	recovery |crash-recovery|).  'updatecount' is set to zero by starting
	Vim with the "-n" option, see |startup|.  When editing in readonly
	mode this option will be initialized to 10000.
	The swapfile can be disabled per buffer with |'swapfile'|.
	When 'updatecount' is set from zero to non-zero, swap files are
	created for all buffers that have 'swapfile' set.  When 'updatecount'
	is set to zero, existing swap files are not deleted.
	Also see |'swapsync'|.
	This option has no meaning in buffers where |'buftype'| is "nofile"
	or "nowrite".

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-10-14 (火) 01:13:17 (1467d)