スパム対策として書込み時にID/PWを要求されますが、ローマ字で ほげ/ホゲ で書き込めるようになります。

verbose

オプション
verbose
短縮形
vbs
オプションの種類
数値
初期値
0
有効範囲
Vim 全体に適用 実行中の動作に関するメッセージを表示する。 値が 0 より大きいとき、Vimは実行中の動作に関するメッセージを表示する。
意味
1以上ファイル viminfo が読み書きされたとき
2以上コマンド ":source" でファイルを読み込んだとき
5以上検索されたタグファイル全て
8以上autocommand のグループが実行されたファイル
9以上実行された autocommand 全て
12以上実行された関数全て
15以上実行された Ex コマンド全て (200 文字から後は切り捨て)
			{not in Vi, although some versions have a boolean
			verbose option}
	When bigger than zero, Vim will give messages about what it is doing.
	Currently, these messages are given:
	>= 1	When the viminfo file is read or written.
	>= 2	When a file is ":source"'ed.
	>= 5	Every searched tags file and include file.
	>= 8	Files for which a group of autocommands is executed.
	>= 9	Every executed autocommand.
	>= 12	Every executed function.
	>= 13	When an exception is thrown, caught, finished, or discarded.
	>= 14	Anything pending in a ":finally" clause.
	>= 15	Every executed Ex command (truncated at 200 characters).
	This option can also be set with the "-V" argument.  See |-V|.
	This option is also set by the |:verbose| command.
	When the 'verbosefile' option is set then the verbose messages are not
	displayed.

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-10-14 (火) 01:13:17 (1287d)