スパム対策として書込み時にID/PWを要求されますが、ローマ字で ほげ/ホゲ で書き込めるようになります。

viewoptions

オプション
viewoptions
短縮形
vop
オプションの種類
文字列
初期値
"folds,options,cursor"
有効範囲
Vim 全体に適用
互換性
Vi にはない
説明
コマンド |:mkview| の効果を変更する。 値はキーワードのコンマ区切りのリスト。
キーワード復元される項目
cursorファイル/ウィンドウ内のカーソル位置
folds手動で作られた折り畳み、折り畳みの開閉の区別、折り畳み関連のローカルなオプション
optionsウィンドウまたはバッファについてローカルなオプションとマッピング (ローカルなオプションのグローバルな値は含めない)
slashファイル名内の '\' がスラッシュに置換される
unixWindowsやDOS上でも、Unix形式の end-of-line (1個の) を使う
			{not available when compiled without the +mksession
			feature}
	Changes the effect of the |:mkview| command.  It is a comma separated
	list of words.  Each word enables saving and restoring something:
	   word		save and restore ~
	   cursor	cursor position in file and in window
	   folds	manually created folds, opened/closed folds and local
			fold options
	   options	options and mappings local to a window or buffer (not
			global values for local options)
	   slash	backslashes in file names replaced with forward
			slashes
	   unix		with Unix end-of-line format (single <NL>), even when
			on Windows or DOS
	"slash" and "unix" are useful on Windows when sharing view files
	with Unix.  The Unix version of Vim cannot source dos format scripts,
	but the Windows version of Vim can source unix format scripts.

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-10-14 (火) 01:13:17 (1291d)