スパム対策として書込み時にID/PWを要求されますが、ローマ字で ほげ/ホゲ で書き込めるようになります。

viminfo

オプション
viminfo
短縮形
vi
オプションの種類
文字列
初期値
Vi
""
Vim MS-DOS, Windows and OS/2
'20,<50,s10,h,rA:,rB:,
Amiga
'20,<50,s10,h,rdf0:,rdf1:,rdf2:
others
'20,<50,s10,h)
有効範囲
Vim 全体に適用
互換性
Vi にはない viminfoファイルの設定。 値は指定部のコンマ区切りのリスト
フラグ動作
!これが含まれると、アルファベットの大文字で始まり、小文字を含まないグローバル変数を保存・復元する。つまり "KEEPTHIS" と"K_L_M" は保存されるが、"KeepThis?" と "_K_L_M" は保存されない。
"各レジスタで保存される行数の最大値。0 にすると、レジスタは保存されなくなる。指定されないときは、すべての行が保存される。文字'"' の前に '\' を置くことを忘れないこと。そうでないと、コメントの開始と見なされてしまう!
%これが含まれると、バッファリストを保存・復元する。Vimの起動時にファイル名が引数に含まれていると、バッファリストは復元されない。 Vimの起動時にファイル名が引数に含まれていないと、バッファリストが viminfo ファイルから復元される。ファイル名のないバッファとヘルプ用バッファは、viminfo ファイルには書き込まれない。
'マークが復元されるファイル履歴の最大値。オプション 'viminfo'が空でないときは、常にこれを設定しなければならない。また、このオプションを設定するとジャンプリスト |jumplist| もviminfo ファイルに蓄えられることになる。
/保存される検索パターンの履歴の最大値。非0 の値を指定すると、前回の検索パターンと置換パターンも保存される。これが含まれないときは、'history' の値が使われる。
:保存されるコマンドライン履歴の最大値。これが含まれないときは、'history' の値が使われる。
@保存される input-line 履歴の最大値。これが含まれないときは、'history' の値が使われる。
cこれが含まれると、viminfo ファイル内のテキストを、書き込まれたときのエンコーディングから現在のエンコーディングに変換する。|viminfo-encoding| (訳注: および 'encoding') を参照。
fファイルマークを保存するかどうか。0 を指定すると、ファイルマーク ('0 から '9, 'A から 'Z) は保存されない。これが含まれなかったり、値が非0 のときは、みな保存される。 '0 は (終了時やコマンド ":wviminfo" の実行時の) カーソル位置の保存に使われる。
hviminfo ファイルの読み込み時に、'hlsearch' を無効にする。含まれないときは、最後の検索コマンド以来、コマンド ":nohlsearch"が使われたかどうかによる。
nこれでファイル viminfo の名前を指定する。名前は 'n' のすぐ後に続けて指定する。'viminfo' の最後に指定しなければならない!Vimの開始時に引数 "-i" が指定されると、それで指定されたファイル名がここで指定されたものを上書きする。環境変数は、オプションの設定時ではなく、ファイルの読み込み時に展開される。
rリムーバブル・メディア (訳注: フロッピ、CD-ROM等の取り外せる記憶装置。この中身は取り替えてしまえば全く変わるので、ファイル履歴の意味がない) の指定。引数は文字列 (次の ',' まで) である。これは複数個指定できる。それぞれがマーク履歴の対象外になるパスの先頭部を指定する。これはリムーバブル・メディアを避けるためである。 MS-DOSでは "ra:,rb:", Amigaでは "rdf0:,rdf1:,rdf2:" とするとよい。大文字と小文字の区別はない。それぞれの 'r' の引数の最大長は 50 文字である。
例:
:set viminfo='50,\"1000,:0,n~/vim/viminfo
'50
最近編集した 50 ファイル内のマークは保存される。
"1000
レジスタの中身 (それぞれ 1000 行まで) は保存される。
:0
コマンドラインの履歴は保存されない。
n~/vim/viminfo
使用するファイル名は "~/vim/viminfo" である。
'/' がない
'/' が指定されていないので、既定値が使われる。つまり全 ての検索履歴や前回の検索パターン、置換パターンが保存される。
'%' がない
バッファリストは、保存も復元もされない。
'h' がない
'hlsearch' による強調表示は復元される。
			{not available when compiled without the  |+viminfo|
			feature}
	When non-empty, the viminfo file is read upon startup and written
	when exiting Vim (see |viminfo-file|).  The string should be a comma
	separated list of parameters, each consisting of a single character
	identifying the particular parameter, followed by a number or string
	which specifies the value of that parameter.  If a particular
	character is left out, then the default value is used for that
	parameter.  The following is a list of the identifying characters and
	the effect of their value.
	CHAR	VALUE	~
	!	When included, save and restore global variables that start
		with an uppercase letter, and don't contain a lowercase
		letter.  Thus "KEEPTHIS and "K_L_M" are stored, but "KeepThis"
		and "_K_L_M" are not.  Only String and Number types are
		stored.
	"	Maximum number of lines saved for each register.  Old name of
		the '<' item, with the disadvantage that you need to put a
		backslash before the ", otherwise it will be recognized as the
		start of a comment!
	%	When included, save and restore the buffer list.  If Vim is
		started with a file name argument, the buffer list is not
		restored.  If Vim is started without a file name argument, the
		buffer list is restored from the viminfo file.  Buffers
		without a file name and buffers for help files are not written
		to the viminfo file.
		When followed by a number, the number specifies the maximum
		number of buffers that are stored.  Without a number all
		buffers are stored.
	'	Maximum number of previously edited files for which the marks
		are remembered.  This parameter must always be included when
		'viminfo' is non-empty.
		Including this item also means that the |jumplist| and the
		|changelist| are stored in the viminfo file.
	/	Maximum number of items in the search pattern history to be
		saved.  If non-zero, then the previous search and substitute
		patterns are also saved.  When not included, the value of
		'history' is used.
	:	Maximum number of items in the command-line history to be
		saved.  When not included, the value of 'history' is used.
	<	Maximum number of lines saved for each register.  If zero then
		registers are not saved.  When not included, all lines are
		saved.  '"' is the old name for this item.
		Also see the 's' item below: limit specified in Kbyte.
	@	Maximum number of items in the input-line history to be
		saved.  When not included, the value of 'history' is used.
	c	When included, convert the text in the viminfo file from the
		'encoding' used when writing the file to the current
		'encoding'.  See |viminfo-encoding|.
	f	Whether file marks need to be stored.  If zero, file marks ('0
		to '9, 'A to 'Z) are not stored.  When not present or when
		non-zero, they are all stored.  '0 is used for the current
		cursor position (when exiting or when doing ":wviminfo").
	h	Disable the effect of 'hlsearch' when loading the viminfo
		file.  When not included, it depends on whether ":nohlsearch"
		has been used since the last search command.
	n	Name of the viminfo file.  The name must immediately follow
		the 'n'.  Must be the last one!  If the "-i" argument was
		given when starting Vim, that file name overrides the one
		given here with 'viminfo'.  Environment variables are expanded
		when opening the file, not when setting the option.
	r	Removable media.  The argument is a string (up to the next
		',').  This parameter can be given several times.  Each
		specifies the start of a path for which no marks will be
		stored.  This is to avoid removable media.  For MS-DOS you
		could use "ra:,rb:", for Amiga "rdf0:,rdf1:,rdf2:".  You can
		also use it for temp files, e.g., for Unix: "r/tmp".  Case is
		ignored.  Maximum length of each 'r' argument is 50
		characters.
	s	Maximum size of an item in Kbyte.  If zero then registers are
		not saved.  Currently only applies to registers.  The default
		"s10" will exclude registers with more than 10 Kbyte of text.
		Also see the '<' item above: line count limit.
	Example:
:set viminfo='50,<1000,s100,:0,n~/vim/viminfo
	'50		Marks will be remembered for the last 50 files you
			edited.
	<1000		Contents of registers (up to 1000 lines each) will be
			remembered.
	s100		Registers with more than 100 Kbyte text are skipped.
	:0		Command-line history will not be saved.
	n~/vim/viminfo	The name of the file to use is "~/vim/viminfo".
	no /		Since '/' is not specified, the default will be used,
			that is, save all of the search history, and also the
			previous search and substitute patterns.
	no %		The buffer list will not be saved nor read back.
	no h		'hlsearch' highlighting will be restored.
	When setting 'viminfo' from an empty value you can use |:rviminfo| to
	load the contents of the file, this is not done automatically.
	This option cannot be set from a |modeline| or in the |sandbox|, for
	security reasons.

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-10-14 (火) 01:13:17 (1288d)