スパム対策として書込み時にID/PWを要求されますが、ローマ字で ほげ/ホゲ で書き込めるようになります。

visualbell

オプション
visualbell
短縮形
vb
オプションの種類
切替
初期値
オフ
有効範囲
Vim 全体に適用
互換性
Vi にはない
説明
エラー音の代わりに画面フラッシュを使う。 ビープ音に、実際は音でなくビジュアルベル(画面フラッシュ) を使う。
	Use visual bell instead of beeping.  The terminal code to display the
	visual bell is given with 't_vb'.  When no beep or flash is wanted,
	use ":set vb t_vb=".
	Note: When the GUI starts, 't_vb' is reset to its default value.  You
	might want to set it again in your |gvimrc|.
	In the GUI, 't_vb' defaults to "<Esc>|f", which inverts the display
	for 20 msec.  If you want to use a different time, use "<Esc>|40f",
	where 40 is the time in msec.
	Does not work on the Amiga, you always get a screen flash.
	Also see 'errorbells'.

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-10-14 (火) 01:13:17 (1466d)