スパム対策として書込み時にID/PWを要求されますが、ローマ字で ほげ/ホゲ で書き込めるようになります。

wildignore

オプション
wildignore
短縮形
wig
オプションの種類
文字列
初期値
""
有効範囲
Vim 全体に適用
互換性
Vi にはない
説明
ファイル/ディレクトリ保管で無視されるファイルパターン。 ファイルパターンのリスト。パターンのどれかにマッチしたファイルは、ファイル/ディレクトリ名の補完時に無視される。
			{not available when compiled without the |+wildignore|
			feature}
	A list of file patterns.  A file that matches with one of these
	patterns is ignored when completing file or directory names.
	The pattern is used like with |:autocmd|, see |autocmd-patterns|.
	Also see 'suffixes'.
	Example:
:set wildignore=*.o,*.obj
	The use of |:set+=| and |:set-=| is preferred when adding or removing
	a pattern from the list.  This avoids problems when a future version
	uses another default.

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-10-14 (火) 01:13:17 (1403d)