スパム対策として書込み時にID/PWを要求されますが、ローマ字で ほげ/ホゲ で書き込めるようになります。

winaltkeys

オプション
winaltkeys
短縮形
wak
オプションの種類
文字列
初期値
"menu"
有効範囲
Vim 全体に適用
互換性
Vi にはない
説明
ALTキーの動作設定。 メニューの選択に使うALTキーをマッピングで使えるようにする。
意味
noALTキーをメニューに使わない。ALTキーを使った組み合わせはマッピングに使えるが、自動的にメニューの操作に使われることはない。このときメニューの操作は、コマンド |:simalt| で可能である。
yesALTキーの扱いはウィンドウシステムに任される。ALTキーとのキーの組み合わせは、マッピングには使えない。
menuメニューのショートカットキーになっている文字と組み合わせてALTキーを使うとウィンドウシステムが扱うが、他のキーはマッピングに使える。
			{only used in Win32, Motif, GTK and Photon GUI}
	Some GUI versions allow the access to menu entries by using the ALT
	key in combination with a character that appears underlined in the
	menu.  This conflicts with the use of the ALT key for mappings and
	entering special characters.  This option tells what to do:
	  no	Don't use ALT keys for menus.  ALT key combinations can be
		mapped, but there is no automatic handling.  This can then be
		done with the |:simalt| command.
	  yes	ALT key handling is done by the windowing system.  ALT key
		combinations cannot be mapped.
	  menu	Using ALT in combination with a character that is a menu
		shortcut key, will be handled by the windowing system.  Other
		keys can be mapped.
	If the menu is disabled by excluding 'm' from 'guioptions', the ALT
	key is never used for the menu.
	This option is not used for <F10>; on Win32 and with GTK <F10> will
	select the menu, unless it has been mapped.

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-10-14 (火) 01:13:17 (1405d)