スパム対策として書込み時にID/PWを要求されますが、ローマ字で ほげ/ホゲ で書き込めるようになります。

wrap

オプション
wrap
オプションの種類
切替
初期値
オン
有効範囲
ウィンドウに対し適用
互換性
Vi にはない
説明
ウィンドウの幅を超える行の折り返し設定。 ウィンドウの幅より長い行は折り返され、次の行に続けて表示される。 オフのときは、折り返しは行われず、長い行は一部のみが表示される。
	This option changes how text is displayed.  It doesn't change the text
	in the buffer, see 'textwidth' for that.
	When on, lines longer than the width of the window will wrap and
	displaying continues on the next line.  When off lines will not wrap
	and only part of long lines will be displayed.  When the cursor is
	moved to a part that is not shown, the screen will scroll
	horizontally.
	The line will be broken in the middle of a word if necessary.  See
	'linebreak' to get the break at a word boundary.
	To make scrolling horizontally a bit more useful, try this:
:set sidescroll=5
:set listchars+=precedes:<,extends:>
	See 'sidescroll', 'listchars' and |wrap-off|.

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-10-14 (火) 01:13:17 (1402d)