スパム対策として書込み時にID/PWを要求されますが、ローマ字で ほげ/ホゲ で書き込めるようになります。

**undolevels

:オプション|undolevels
:短縮形|ul
:オプションの種類|数値
:初期値|100, UNIX,VMS,Win32,OS/2は1000
:有効範囲|Vim 全体に適用
:互換性|Vi にはない
:説明|
アンドゥ可能な変更の最大値。
アンドゥをするための情報はメモリに蓄えられるため、大きい数を設定するとメモリの消費量も多くなる。
	Maximum number of changes that can be undone.  Since undo information
	is kept in memory, higher numbers will cause more memory to be used
	(nevertheless, a single change can use an unlimited amount of memory).
	Set to 0 for Vi compatibility: One level of undo and "u" undoes
	itself:
 set ul=0
	But you can also get Vi compatibility by including the 'u' flag in
	'cpoptions', and still be able to use CTRL-R to repeat undo.
	Set to a negative number for no undo at all:
 set ul=-1
	This helps when you run out of memory for a single change.
	Also see |undo-two-ways|.

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS