スパム対策として書込み時にID/PWを要求されますが、ローマ字で ほげ/ホゲ で書き込めるようになります。

**wildcharm

:オプション|wildcharm
:短縮形|wcm
:オプションの種類|数値
:初期値|none (0)
:有効範囲|Vim 全体に適用
:互換性|Vi にはない
:説明|
マクロでも使えるワイルドカード展開に使用する文字。
	'wildcharm' works exactly like 'wildchar', except that it is
	recognized when used inside a macro.  You can find "spare" command-line
	keys suitable for this option by looking at |ex-edit-index|.  Normally
	you'll never actually type 'wildcharm', just use it in mappings that
	automatically invoke completion mode, e.g.:
 :set wcm=<C-Z>
 :cmap ss so $vim/sessions/*.vim<C-Z>
	Then after typing :ss you can use CTRL-P & CTRL-N.

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS