スパム対策として書込み時にID/PWを要求されますが、ローマ字で ほげ/ホゲ で書き込めるようになります。

vim標準のMRU(最近使ったファイル)機能(:oldfiles)

  • ページ: tips
  • カテゴリー: バッファ・ウィンドウ
  • 投稿日: 2012-01-05 12:03:28 (木)

メッセージ

MRUプラグインは多数ありますが、実はvimにも標準でMRUの機能がついています。 操作性はよくないですが、覚えておくとプラグインが入っていない環境で作業 しなければならないとき役に立つかもしれません。

1. MRU一覧の表示

:ol

:ol(:oldfilesの略)でMRU一覧が出ます。

2. 一覧の中からファイルを選択して開く

:e #<n (nは上記一覧で出てきた番号)

でそのファイルを開きます。 :olを実行したとき、数が多くて「-- 継続 --」と出るかもしれませんが、「-- 継続 --」 が表示された状態のまま「:」をタイプしてexコマンドを実行することができます (上の方が流れてしまって番号が覚えられないということにはなりません)





トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-10-14 (火) 01:13:17 (1287d)