スパム対策として書込み時にID/PWを要求されますが、ローマ字で ほげ/ホゲ で書き込めるようになります。

折り返し関連まとめ

  • ページ: tips
  • カテゴリー: 編集
  • 投稿日: 2005-01-19 06:04:45 (水)
  • バージョン:

メッセージ

一定の長さで自動的に改行

:set formatoptions+=ct  " t はテキスト、c はコメントに対して自動折り返しを適用
:set textwidth=30

で31文字目に達したとき,1つ前の単語の区切りに改行を挿入する。
ただし行の間に空白が1つもない場合は改行されない。
折り返し位置をウィンドウの幅によって決めたいならば

:set textwidth=0
:set wrapmargin=10

でウィンドウの右から10文字目に達したとき、改行が挿入される。

一旦入力した文章をこのルールに従って整形するには

範囲選択して gq

長い行を画面上折り返して表示する

:set wrap

ワードラップさせるには

 :set linebreak

ワードラップするとき、単語の区切りとみなされる文字は
オプション'breakat'で設定する。通常はデフォルトのままでいい。
折り返した行の先頭に目印を表示させるには

:set showbreak=~

~ は好きな文字でいい。
表示行単位で移動するには

上 gk
下 gj




トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-10-14 (火) 01:13:17 (1406d)