スパム対策として書込み時にID/PWを要求されますが、ローマ字で ほげ/ホゲ で書き込めるようになります。

折り畳みの状態を保存する

  • ページ: tips
  • カテゴリー: 表示
  • 投稿日: 2005-02-07 12:06:11 (月)

メッセージ

Vim6 part5 の 930あたりより。
現在のウィンドウ内の折り畳みの情報を保存しておき、次回起動時にもそれを復元する方法。 基本は

mkview
loadview

でカレントウィンドウの状態を保存・復元できる。
情報はオプション'viewdir'で設定された場所に書き込まれる。

ファイルの保存・読み込み時に自動的にこれを行いたいなら

set viewdir=~/vimfiles/view 
au BufWritePost * mkview 
autocmd BufReadPost * loadview 

ファイルに折り畳みがあるときだけmkviewさせたいなら

function! MkViewIfHasFold() 
	let f = 0 
	normal! zM
	silent! folddoclosed let f = f + 1 
	if f > 0 
	mkview 
	endif 
endfunction 
au BufWritePost * call MkViewIfHasFold() 




トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-10-14 (火) 01:13:17 (1402d)