スパム対策として書込み時にID/PWを要求されますが、ローマ字で ほげ/ホゲ で書き込めるようになります。

レジスタの中身と選択範囲のdiffをとる

  • ページ: tips
  • カテゴリー: その他
  • 投稿日: 2005-02-07 12:09:44 (月)

メッセージ

一時ファイルを作ることなくサクッと2つの範囲のdiffをとる方法。

command! -nargs=0 -range DiffClip <line1>, <line2>:call DiffClip('0')
"レジスタ reg とdiffをとる
function! DiffClip(reg) range
 exe "let @a=@" . a:reg
 exe a:firstline  . "," . a:lastline . "y b"
 new
 " このウィンドウを閉じたらバッファを消去するようにする
 set buftype=nofile bufhidden=wipe
 put a
 diffthis
 vnew
 set buftype=nofile bufhidden=wipe
 put b
 diffthis 
endfunction

使い方:
第一の範囲をレジスタ"にヤンク。
第二の範囲を選択、ビジュアルモードのまま

:DiffClip

とする。





トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-10-14 (火) 01:13:17 (1402d)