スパム対策として書込み時にID/PWを要求されますが、ローマ字で ほげ/ホゲ で書き込めるようになります。

バッファのどこを変更したかを見る

  • ページ: tips
  • カテゴリー: 〜を知るには?
  • 投稿日: 2006-12-31 00:25:32 (日)

メッセージ

最後にバッファを保存した時点(または最初にファイルを開いたとき)から、
バッファのどこが変更されたか差分を見る方法。

diffthis
vnew
0r#
diffthis

とすると、ウィンドウを垂直分割し、ファイルを読み込んで、現在のバッファとの差分を
とって vimdiff 形式で見ることができる。

Vim 7.1 からは、上と同じことをするコマンド DiffOrig?vimrc_example.vim に書かれている。

command DiffOrig vert new | set bt=nofile | r # | 0d_ | diffthis
\ | wincmd p | diffthis


vi でも使える方法としては

:w !diff % -

というのもある。





トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-10-14 (火) 01:13:17 (1350d)